株式情報が好きな奴ちょっと来い

人気記事ランキング

ホーム > > 大人ニキビは寝不足が最も大きな原因

大人ニキビは寝不足が最も大きな原因

10歳代にできる思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンが一時的に高まり、皮脂が多量に分泌されることで発生しますが、ある時期が来れば、男性ホルモンの分泌も落ち着き、自然と治癒しますが、これに対して、20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、普段の生活リズムが狂って睡眠不足や栄養の偏りなどが続いたり、何らかの原因でターンオーバーが乱れることで起こる角質肥厚、さらに、ストレス、活性酸素、間違ったスキンケアなど、さまざまなことが複雑に絡み合って発生します。

また、乾燥肌でもオイリー肌でも、さまざまな肌質に、あごや口まわりなど比較的に顔の下のほうにできやすく、治ったと思っても、また同じ場所に繰り返して発生し、色素沈着を残しやすいというとても厄介でしつこい特徴があります。

そんな大人ニキビのお悩みを抱えている人の生活スタイルを見てみると、やはり、毎晩、夜更かしを続けて寝不足の状態だったり、無理な食事制限によるダイエットを行っているために栄養が偏ったり、不足するなど完全に生活リズムが狂い、日中の仕事も、イライラするなどストレスを溜めがちな状態にあります。

どうしても、大人ニキビでお悩みの人は、改善対策として洗顔や保湿などのスキンケアばかりを考えがちですが、今までの生活習慣を見直して十分な睡眠を取ったり、栄養バランスを意識した食事を規則正しく摂るなど、体の内側からのケアが大切になります。

しかし、ニキビ発生の原因を、どれかに特定することはできません。

それでも、自分の生活習慣を振り返って、一つや二つでも心当たりがあれば、そのことがニキビの原因になっている可能性が十分にあります。

そんな中でも特に、睡眠不足は肌に最も大きく影響を与えると言われています。

平日は毎日寝不足で、それを補うために週末の休みに寝だめをして、それを毎週繰り返すという慢性的睡眠不足は、肌の免疫力を低下させてニキビの原因になるだけでなく、肌荒れなどさまざまなトラブルを招くことになります。

よく美肌作りは、午後10時から深夜2時の間に熟睡することと言われており、この時間帯を肌のゴールデンタイムと呼ばれています。http://ngtkitari.com/

そして、この時間帯は、最も成長ホルモンの分泌が高まり、肌の細胞が生まれ替わるサイクルのターンオーバーは、睡眠中に行われることなどから、睡眠が重要とされている理由です。

大人ニキビでお悩みの人は、まずは、こうした生活習慣を見直して規則正しい生活を送るように心掛けましょう。